Browse Category

消費者金融

消費者金融

カードローンの金利の比較

カードローンの金利はお金を貸し出す金融機関によって多少差があります。
消費者金融会社が提供するカードローンと、銀行が提供するカードローンを比較すると消費者金融会社の場合が最低で、およそ年利5パーセントぐらいから最高で、およそ年利18パーセントぐらいなのに対し、銀行の場合が最低で、およそ年利4パーセントぐらいから最高で、およそ年利15パーセントぐらいと消費者金融会社の方が銀行より多少高めとなっています。
最低と最高の金利で幅があるのは、借り入れ金額によって変わってくるためで、借り入れる金額が少なければ少ないほど高くなり、借り入れる金額が多ければ多いほど低くなります。
10万円ぐらいの借り入れ金額の場合は最高の金利の方が適用されることが、ほとんどであるため消費者金融会社と銀行では年利3パーセントぐらいの差が生じることになります。
消費者金融会社より銀行の方が全般的に安いのは、審査を消費者金融会社より厳しくして返済能力が高い債務者に絞り込み、途中で返済できなくなり債権が回収できなくなる貸し倒れのリスクを防いでいるため、貸し倒れによる損失を補填するための資金を、あまり多くたくさん用意する必要がないためです。
そのため、ある程度返済能力に自信があり銀行の審査に通過できる見通しが立っている人の場合には、消費者金融会社が提供するカードローンより、銀行が提供するカードローンを利用した方がお得にお金を借り入れることができるということになります。